HTML/CSS

【いまさら聞けない】コーディングとは?【初心者向け】

更新日:

コーディングとは?

今回は、Web制作においての「コーディング」を初心者にもわかりやすくご説明します!

 

ひとことで「Web制作」といっても、企画やデザイン、組み立て、運用・保守とその業務内容は多岐に渡ります。

スキル以前に、まずは役割をきちんと理解し「自分ができること」を明確に伝えられるようにならなければ、Webの仕事を請けるのは難しいです。

同様に、発注側も正しい理解をしていなければ、金額に見合ったものかどうかの判断ができません。

ここでは、Web制作で欠かせない過程のひとつ、「コーディング」についてご説明します。

 

こんな方におすすめ

  • これからWebの勉強をはじめる方
  • コーディングとプログラミングの違いがわからない発注者の方(正しい価格で発注できていますか?)

 

コーディングとは?

結論から言うと、コーディングとはWebページ(主に見た目)をプログラミング言語を使って実装する作業です。

Webコーディングに特化した人材を、Webコーダーと呼びます。

扱うスキルは人により幅がありますが、HTML・CSSを基本として、PHP・JavaScriptなどを扱います。

 

「コーディング」の具体的な業務内容

Webコーディングを行うWebコーダーの業務内容としては、

  • Webデザイナーが作ったデザインカンプ(完成イメージ)を元に、実際のWebページとして組み立てていく(HTML・CSS)
  • お問い合わせフォームなどの実装(php)
  • 動的部分の実装(ページの上からひょこっとメニューが出てきたり、ボタンの動きなど)(CSS・JavaScript)

といった所が多いかと思います。

 

Web制作の業界事情

ここまでWebコーダーの業務内容を説明しましたが、

Web制作の現場において、Webコーダー専門での雇用は多くありません。

なぜでしょうか?

採用する側が、Web制作の各工程による業務内容を把握していないケースが多いからです。

Web制作に詳しくない方からすれば、「デザイナーとプログラマーに分かれてるんでしょ?」といった程度の認識です。

さらに言えば、デザイナーまたはプログラマー単体ですべてできると思っている方もいます(経験談)

だからこそ、多くのスキルを持つことは強みになります。

 

Webデザイナーもコーディングを学んだ方が良い

「これしかできません」と「これもできます!」というのでは、印象の違いは歴然ですよね。

Web制作に特化した会社で、しっかりチームを組んで分担できるような場合は、スペシャリストを目指すのも良いと思います。

 

ただ、この先フリーランスや幅広い就職・転職活動を目的としているのであれば、強みはひとつでも増やしておいたほうが得策です。

Webデザイナーを目指している方も、

「デザインはお任せください!」

ではなく

「デザインからコーディングまですべてお任せください!」

と言えるようになれば、たくさんの可能性が拡がります。

 

プログラミングとの違いは?

一言でいうと、プログラミングとは「プログラムをつくること」です。

設計し、作り、テストをして完成するまでの一連の流れを表します。

プログラムはプログラミング言語を使って作り、このプログラミング言語を書く作業のことも「コーディング」と言いますが、Web制作の現場では一般的にはプログラムを作ることを「プログラミング」、Webサイトなどを作る際の作業を「コーディング」という事が多いでしょう。

 

まとめ

コーディングとは?

  • Webページ(主に見た目)をプログラミング言語で実装する作業
  • Webデザイナーが作ったデザインカンプ(完成イメージ)を元に、実際のWebページとして組み立てていく作業

 

-HTML/CSS
-, , ,

Copyright© Webjo blog , 2020 All Rights Reserved.