WordPress

【WordPress】そのPV数ホント?SEO対策でのアナリティクス二重カウントに注意

更新日:

SEO対策でのアナリティクス二重カウントに注意

WordPressでブログをしていると、「SEO対策が~」という言葉を良く目にしますよね。

SEO対策テーマ、SEO対策プラグイン・・・

そんな言葉を目にする度に、「よし!自分のブログもSEO対策してPV数あげるぞー!」なんて、片っ端から設定していませんか?

ブログの1記事の情報は断片的であることが多いです。

良かれと思ってやったことで悲しい思いをしないように、今一度確認しましょう。

ここでは、よくある設定ミスによるPV数の二重カウントについてお話します。

 

こんな方におすすめ

  • これからGoogleアナリティクスのトラッキングコードを設置する
  • いままで一度も確認したことがない
  • PV数が急に増えた、直帰率が移動に高い

 

PV(ページビュー)数の二重カウントはよくある話

PV(ページビュー)数の二重カウントってなに?と思うかもしれません。

これはGoogleアナリティクスのトラッキングコードが二重に設置されることによる、カウントの重複のことです。

 

・・・そんなことあるの? → あります。

 

https://twitter.com/mei_ukai/status/1056086068196401153

 

Googleアナリティクスのトラッキングコードが二重に設置されていると、正常なデータが取得できません。

 

トラッキングコードが二重に設置されていると何が起こる?

トラッキングコードの二重カウント

では、Googleアナリティクスのトラッキングコードが二重に設置されていると何が起こるのでしょう?

 

PV(ページビュー)数が2倍になる

単純に「1PV」を2回計測(カウント)することになります。

今まで「200PVだ!やった!」と思ってたものが、「実は100PVでした」ということです。

 

ページ/セッションが2倍になる

ページ/セッションとは、訪問者が訪問の際に何ページ見ているのかの平均=回遊率です。

このページ/セッションも2回カウントされるので、1ページのアクセスで2ページ見たとして扱われてしまいます。

通常であれば1ページのアクセス=1ですよね。2以上になるのは、そこから自分のブログ(サイト)内の他のページを辿ってもらった場合です。

つまり、「みんないっぱい見てくれてる!ありがとう!」と思っていたのが、「実はちょっと開いてすぐ閉じてました」だったりするのです。

 

直帰率が異常に低い

直帰率とは、最初にアクセスしたページから他のページに移動せずに、なんらかの理由でブログ(サイト)から離れた割合です。

興味がなくてすぐ閉じたのかもしれないし、内容に満足して他のサイトにいったかもしれないし、ブラズアを閉じたかもしれないし、原因は様々です。

直帰率はブログやサイトの質やテーマにより基準とされる値は大きく変わりますが、一般的には40%前後と言われています。

ただこれにはECサイトなども含まれますので、ブログなどでは大きく変わります。商品を購入するなら、何ページも移動しますよね。

 

トラッキングコードが二重に設置されていると、1回のアクセスで2ページ以上見た!状態になってしまうので、「1ページみて終了」の直帰として正常にカウントされなくなります。

これにより、直帰率が一桁台などの異常な数値となります

 

トラッキングコードの二重設置はなぜ起こる?

トラッキングコードの二重カウント

では、Googleアナリティクスのトラッキングコードの二重設置はなぜ起こるのでしょうか?

いくつか原因は考えられますが、直接二重でコードを貼り付けてしまった他、冒頭でお話したWordPressのSEO対策テーマ、SEO対策プラグインの設定ミスの確立が高いです。

 

Googleアナリティクスを設定後、タグマネージャーを導入した

これはWebサイト管理者の基本的な見落としですが、元々Googleアナリティクスを設置していたサイトで後から管理用にタグマネージャーを導入し、直接貼り付けていたアナリティクスのコードを削除し忘れた場合に起こります。

Googleタグマネージャーの管理画面でアナリティクスのタグが設定されている場合は、htmlファイルに直接貼り付けられているコードを削除します。

こちらは単なる「見落とし」ですので、自ら設置をした方ならすぐに解決できるかと思います。

 

WordPressのSEO対策テーマとSEO対策プラグインによる重複

少しでもSEOについて触れたことのある方なら、WordPressのテーマにはSEO対策されているものを選んでいる事も多いのではないでしょうか?

SEO対策されているテーマの中には、テーマの機能でGoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力するだけでコードを設置してくれるというものも多くありますよね。

通常これだけであれば問題は起こりませんが、「SEO、SEO」となるばかりによくわからないまま多重に設定してしまうとコードの二重設置につながります。

 

ケース① SEO対策テーマでトラッキングIDを設定したにも関わらず自分でもコードを設置した

頑張りが裏目に出てしまうケースです。

SEO対策済みとうたっているテーマには、「トラキングID(UA-からはじまるID)」を指定のボックスに入力するだけでコードを自動生成してくれるものも多く存在します。

それを知らずに、テーマの設定に沿ってトラッキングIDを入力したにも関わらずトラッキングコードを自らhead.phpなどに貼り付けてしまうと、テーマ側で生成されたトラッキングコードと二重設置となってしまいます

 

ケース② SEO対策プラグインでトラッキングIDを設定した

こちらも「プラグインをきちんと設定した」ことが裏目にでてしまうケースです。

自分で調べた記事やマニュアル通りに、上から順に・・・と設定していくうちに、GoogleアナリティクスのトラッキングIDを設定してしまっているかもしれません。

参考にしたサイトが、あなたと同じテーマを使用し、あなたと全く同じプラグインを使用し、あなたと同じテーマの編集状況であるならば、その通り設定することで成功するかもしれませんが、そうでない場合、イレギュラーが起こる可能性があることを忘れないでください。

 

GoogleアナリティクスのコードorトラッキングIDを貼り付ける機能があるプラグインは、

  • All in One SEO
  • Google Analytics for WordPress
  • WP Google Analytics

などが有名なところでしょうか。他にもあると思いますので、テーマとプラグインそれぞれ確認されることをおすすめします。

 

トラッキングコードの二重設置を確認する方法は?

トラッキングコードの二重カウント

原因を見つけないことには解決できませんので、まずは原因を探しましょう。

以下は、詳しくない方でも簡単に確認できる方法です。

 

アナリティクスのビューで確認

アナリティクスにログインして、PV数、ページ/セッション、直帰率に異常がないか確認します。

高いページ/セッション(2~3以上)低い直帰率が大きな目安になるかもしれません。

 

ソースコードを確認

自分のブログ(サイト)を開いて、右クリックから「ページのソースを表示」を選択します。使用しているブラウザがGoogle Chromeなら、

  • windows → Ctrl + U
  • Mac → option + command + U

のショートカットキーでも開けます。

ソースを確認

すると、次のようなコードが別タブで開きます。

HTMLソースコード

その状態で、Ctrl + F(Macはcommand + F)を押すと、右上辺りに検索Boxが出現するので、「UA-」と入力

次の画像のように、ページ内のトラッキングコードが検索できます。(コードは異なる場合があります。以下はグローバルサイトタグです)

トラッキングコード

検索に複数ヒットした場合は、トラッキングコードが2カ所以上設置されていないか確認しましょう。

上記のようなコードのまとまりがもう1カ所ある場合、二重になっている可能性があります。

 

SEO対策プラグインのAll in One SEOで生成されるトラッキングコードの場合、

トラッキングコード

このように「<!--」から始まるコメントとして扱われる部分に「All in One SEO Pack」と書いてあります

このブロックの他にも同じようなコードが書いてある場所がある場合、二重設置となっている可能性があります。

 

タグマネージャーを設置しているか

上記のトラッキングコードが1つ以上見つかっている場合で、タグマネージャーを設置している場合です

先ほどと同じようにソースコード上で「Tag Manager」を検索し、次の画像のような「<!-- Google Tag Manager -->」で始まるコードがある場合には、Googleタグマネージャーの管理画面でGoogleアナリティクスのタグを入れていないか確認します。

Googleタグマネージャー

 

トラッキングコードが二重設置になってた!解決方法は?

トラッキングコードの二重カウント

トラッキングコードが二重設置になっていた場合は、基本「重複しているものを削除する」で解決します

  • 手動で複数貼り付けていたのなら、「head.php」で重複しているコードを削除し、1つにする
  • テーマとプラグイン両方で設置されていたら、どちらかのGoogleアナリティクス設定を解除する
  • タグマネージャーとの重複が見つかった場合、どちらを優先するか決め、1つを残して設定を解除する

All in One SEO(プラグイン)のトラッキングコードを消したい場合、一般設定に次の画像のようなID入力欄がありますので、項目を空にすればOKです

All in One SEO

 

head.phpなどテーマを編集する際は、バックアップをとるなど、慎重におこなってくださいね。

 

まとめ

アナリティクスを定期的にチェックしている方は多いと思います。

「SEO対策頑張ってブログのPV数があがってきた~!」と思ったら、実は半分だった・・・とか悲しすぎますよね

 

ちなみにこの記事を書くにあたって事例の多さを確認したかったので、SEO対策プラグインを入れている個人サイトをランダムに60サイトほど検証しました。

本当は100サイト確認しようと思っていたのですが、思っていた以上に多かったので60サイトで打ち切り。

2つ以上トラッキングコードが貼られていたサイトは、なんと11サイトありました。2割弱という怖い数字。

 

これを機に、一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

-WordPress
-,

Copyright© Webjo blog , 2020 All Rights Reserved.